今の川崎の風俗の求人にはシングルマザーが働きやすくなる待遇が求められている

貧困女性が増えているといわれるようになりましたが、そのセーフティネットとして風俗の求人が機能しているとの見解もあります。

本当は生活保護をもっと気軽に受けられると良いのですが、今のところは風俗の仕事をしている方にメリットを感じている女性が多いようです。

その背景の一つには、風俗店による住居や託児所などの提供が充実している点にあるのでしょう。女手一つで子育てをしている女性にとっては、まず確実に安心して暮らせる環境は非常にありがたいのです。

訳ありでシングルマザーになっている女性の働き口としても、風俗の求人は欠かせない選択肢のひとつになっています。生活保護に頼る暮らしが決して快適とは言えない以上、生活支援において大きなメリットを享受できる風俗業界に流れていっても仕方は無いでしょう。

今の生活保護制度では、どうも弱点が多いように感じられます。社会問題になりつつある貧困層の若年女性の受け皿がもっと広くならない限り、この流れは変わらないと思われます。

生活保護を受けている人への差別意識が強いのも、また貧困女性の選択肢を狭めています。それならば、シングルマザーとしてやむを得ず風俗店に勤務しているという事情のほうが、まだ体面が保たれるという考えの女性も少なからず存在しているでしょう。

ただし、風俗業においても長く働き続けられないのが問題に挙げられます。女性は年齢とともに男性から見た異性としての価値は変化せざるを得ず、風俗で得られる収入はいずれ下降していってしまいます。どんなに長く務めるにしても、40歳くらいまでが限界でしょう。

時々それ以上の年齢の人が活躍している話も、噂で耳にはするもののごく一部の例外的なケースだと考えられます。